Please reload

Please reload

Please reload

Please reload

Please reload

Please reload

紙ジャケットは、アナログレコードのジャケットを模して作られたパッケージだ。一般的に市販されているCDのリマスター盤や再発盤などは、アナログレコードのミニチュア版としても楽しめるように紙ジャケットを採用している場合が多く、そのレトロで暖かみのある魅力に取り付かれている音楽ファンやコレクターも少なくない。自分のCDを紙ジャケでプレスする場合、袋状になっているタイプの「2Pパッケージ」か、2つ折りになっているタイプの「4Pパッケージ」から好みのものをチョイスすることができる。前者は価格がリーズナブルな他、スリムで収納にも場所を取らないのが利点だ。後者の利点として挙げられるのは、最もポピュラーなCDのパッケージであるジュエルケース(プラケース)では再現が難しい、「見開きジャケット」を作れるということだ。この見開きジャケットで有名な作品と言えば、キング・クリムゾンの『クリムゾン・キングの宮殿』や、ボブ・ディランとザ・バンドの『地下室』などがあるが、これらの作品のように、写真とイラストのどちらでも、非常にアート性の高い、大きなジャケットを作ることが可能となるのだ。なお、紙ジャケットは紙に光沢を出す「PP加工」を施してもらうのがオススメだ。PP加工をすることによって高級感が増すうえに、大切なジャケットに傷が付くのを防ぎ、長持ちさせることができる。