Please reload

Please reload

Please reload

Please reload

Please reload

Please reload

「デジパック」という言葉をあまり聞き慣れないという人もいるかもしれないが、これは国内盤CDの初回限定スペシャル盤や、ダンスミュージックなどのクラブ系のCDで採用されていることが多いパッケージだ。

作り的には、台紙となる専用の厚紙に「デジタルトレイ」と呼ばれるプラスチック製のトレイが貼り付けられた仕様となっている。一般的なCDのケースと比べると耐久性に優れており、ジュエルケースのように表面にヒビが入ってしまうということはない。CDを通販などで発送する時も、ケース割れの心配がないという大きなメリットがある。自分の作品にデジパックを採用する場合は、4Pパッケージの紙ジャケと同様、2つ折りになっている「2面タイプ」か、または観音開きになる「3面タイプ」からチョイスしよう。どちらのタイプも、見開きジャケットを作ることが可能で、台紙の表面には光沢の出る「PP加工」を施してもらい、高級感を出すのがオススメだ。このパッケージに独創的なデザインをすれば、CDショップなどに委託して販売する際の店頭でも、抜群の存在感を放つことだろう。なお、デジパックについても、帯を付けることは可能となっているので覚えておこう。